読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

ロスジェネのバイク備忘録

四月下旬の日曜日:内房気になるスポットツーリング2

先週のはてなブログツーリングの興奮冷めやらぬ日曜日,

新緑と海を求めて内房気になるスポットツーリング(たぶん2回目)に行ってきました.

スタートの山手トンネルでジャンクションを間違え(先週での反省が生きていない),C1をぐるぐるしてアクアラインから一気に君津へ.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225947j:plain

なんだか風が冷たいなと思っていたら,ウインドストッパーの着方を間違えていました.

肌→カットソー→ウインドストッパープロテクタージャケット(メッシュ)

この順番だとメッシュジャケットから風が筒抜けで冷えてきます.

正しくは,

肌→カットソー→プロテクタージャケット(メッシュ)ウインドストッパー

なのですね.考え無しに着た自分が愚かでした.

セカンドツアラー

自分の中でのオフロード熱が再燃してきて,3月中旬にこっそり増車していました.

 しかし,オフ車は一般的にシート高が高く,林道での扱いを考えると,セ■ーかジェベルの二択と考えていましたが,過去にTL1000Sという地雷バイクに乗っていたため,鈴菌が再発しジェベル200となったのでした.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225948j:plain

 

内房から見る東京湾

ルートミスを挽回すべく海ほたるもスルーしてさくっと鋸南の海岸へ.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225949j:plain

コバルトブルーが美しい新緑の候の東京湾です.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225950j:plain

なにか網で採っている人たちがいました.素魚でしょうか?

さらに海岸沿いを走って,良さそうな浜へ.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225951j:plain

軽量なオフ車だと,思い切って波打ち際まで近づけますね.

 

再訪の和食処

1年以上前に偶然訪れた南房総市の和食処に再訪しました.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225945j:plain

民家のような門柱の先には・・・

f:id:carpe-diem_st3:20170424225943j:plain

どう見ても民家です,本当にあ(以下略)

お刺身定食が美味しかったので,今回も.

さらに,念願の「さんが焼き」を追加しました.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225944j:plain

固形燃料で焼きながら食べるのって,贅沢ですよね.

夏までに再訪したいお店です.

 

原岡海岸の岡本桟橋

一昨年の気になるスポットツーリングでも訪ねた原岡海岸の岡本桟橋を目指します.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225952j:plain

海とバイクの写真を撮る振りをして,絵描きさんを激写するの図.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225953j:plain

桟橋が見えてきました.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225954j:plain

原岡海岸再訪です.

レトロな桟橋が相変わらず良い.

前回ST3ではできなかったことをしたかったのですが,昼過ぎで人も多くて断念.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225955j:plain

仲睦まじい二人を激写したり.(悔しいからエフェクトON)

f:id:carpe-diem_st3:20170424225956j:plain

末永く爆発してください.(単身赴任者の僻み)

ジェベルとはいえ,桟橋の先端まで行く勇気は出なかったです.

昼下がりの波の音に別れを惜しみつつ次の気になるスポットへ.

 

桜花のカタパルト跡

三芳町といえば道の駅のビンゴバーガーで有名ですが,道の駅にほど近い山中に,戦争末期に急普請で作られた戦争遺跡が残っています.

 

f:id:carpe-diem_st3:20170424225958j:plain

農地の中にひっそりとその姿を残しているのは,桜花のカタパルト跡です.

偶然,作業されていたご婦人に見学の許可をいただき,近づいて見ます.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225959j:plain

70年以上経たコンクリート製のカタパルト土台の跡です.

幸いにもこの施設が稼働すること無く終戦を迎えたと言います.

近くの知恩院というお寺の軒に,このカタパルトで使用予定だったレールが残されているとのことで,見に行きました.

f:id:carpe-diem_st3:20170424230001j:plain

こんな長閑な農村風景ですが,戦時中はこの一体(房総半島)は要塞だったのですね.

f:id:carpe-diem_st3:20170424230002j:plain

カタパルトのレールがこちら.真偽は不明ですが,朽ちずに残っていることに驚きと寂寥感を感じざるを得ません.

 

TIME OUT cafe

歴史を再認識した後,館山市の洲崎灯台近くにある「TIME OUT cafe」を訪ねました.

こちらは三浦半島をベースに写真ブログをされている方の記事を見て行ってみたいと思っていました.

f:id:carpe-diem_st3:20170424225946j:plain

民家を改装した小高い場所に建って海を望むカフェです.

f:id:carpe-diem_st3:20170424230003j:plain

東京湾と新緑.過去と現在,未来・・・暫し想いもTime outです.

コーヒーと甘味で一服しました.

 

最後は金谷から東京湾フェリーで帰路についたのですが,その前にラストチャンス.

f:id:carpe-diem_st3:20170424230004j:plain

これがしたかったのですよ!